• Yasuki Sakurai

公衆衛生とリベラルな価値観は相性が悪いですね・・・。


今は毎時間のように感染者数と死者数、その後の予測が数字とグラフで示され、医療崩壊の映像がメディアで報道され、私たちはこうなってはいけないと自粛を続けています。

同時に、このような社会状況を続けた結果の失業者数、それによって貧困に陥り生活に行き詰まって心身に不調を来たす人、自殺をする人の予想が示され、それらも同様に日々メディアで可視化してほしいと思います。

これらのリスクもコロナと同様に考え報道すべきではと思います。

そして双方のリスクに対して、私たちはこの感染症のリスクをどう徹底的に避けるかではなく、どの程度引き受け、どう付き合うかということになるのではと思います。


「不要不急」という言葉の先に感じたことがあります。私たちは「不要不急」の外出を避けろと言われていますが、「不要不急」と言われたその先に、仕事をしている人たちがいて、その仕事をしている人たちにとって、その場所は「不要不急」どころか、「必要火急」です。

そして、その生活が回らなくなれば当然かれらの命は真綿で首を絞められるように危険に晒されていきます。

「命と経済」の話ではなく「命と命」の問題です。

「感染リスクを下げる行動は善」「感染リスクを上げる行動は悪」そしてその背後には医療崩壊をさせてはならない、亡くなる人をできる限り出してはらないということからの思い。

これはあまりに正しすぎて反対することができません。医療崩壊はしないほうがいいし、亡くなる人は少ないほうがいいに決まっていると思います。


インフルエンザの感染者数は国内で推定1000万人、死者は1万人と言われています。

でもその事実を知っていても、私たちは生活を止めようとは思わない。なぜなら私たちはそのリスクをある程度回避しつつ、それらがもたらす危険を受け入れて生きていくしかないからです。

生きるということは、不測の事態とともに生活するということだと思います。もちろんそれを甘んじて引き受ければいいというわけではないし、それを避けるための努力をしなければいけないと思います。


でも最大限のリスクヘッジをした結果、社会が死んだら意味がありません。


出口が見えないまま元気な人の生活を止め続けた結果、社会全体が「廃用症候群」のようにならないことを願います。









101回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

おもてなし

この五輪は復興五輪だったのでしたっけ? 今、目の前で行われようとしている五輪は復興五輪ですかね? 世界からの皆様に復興した東日本を楽しんで頂き「おもてなし」の予定だったはず? オリンピックが始まりましたね~ ・朝から晩まで五輪のニュースだけに ・金メダルが1個出れば、熱狂 ・メダリストの家族に取材して、感動秘話を流す きっとこうなりますよね~ 笑 何となくオリンピックを観るぐらいなら、せっかくの

マンボウ

政府は、沖縄県の緊急事態宣言の期間と、東京など10都道府県のまん延防止等重点措置の期間を7月11日までとする方向で調整に入ったらしいですね~ 北海道も感染が確認された人の数が徐々に減ってきていますね~ さてさて、現在のPCR検査のCt値はいくらでしょうかね? 先月の今頃と、今日とでCt値は違うのかな~? ここら辺の数値の発表もしてほしいですわ~ 英オックスフォード大学の研究チームはPCR検査が死ん

コロナ脳からの覚醒

ゼロコロナの時代が来ると思っていますか? このウィルス性の疾患はこの世から消えていなくなると思えますか? テレビを中心としたメディアでは、日々発表される都道府県の検査陽性者数のみを大きく取り上げ、「専門家」が登場してこれを論評する、ということを繰り返しています。街頭インタビューで紹介されるのは市民の「怖い」という声だけ。 ワイドショー的な観点のみで考えていても、打開策は見えないのではないかと思いま