• Yasuki Sakurai

ジュニアカートスクール用車両完成!

予定よりかなり進行状況が遅れていましたが、やっと本日3台目のスクール用の車両が完成しました! この車両は身長130㎝以上の子供を想定しています。


これで身長120センチから135㎝くらいの子が乗れるカートと、身長130センチから145㎝くらいの子が乗れるカートと、身長140センチから身長160㎝くらいの子が乗れるカート1台ずつができました。

身長160センチ以上の小学生はごめんなさい 汗

そもそもジュニアカートのフレームでは160センチくらいが限界なので、どうしても乗りたい子は相談してくださいね。他にもいろいろと手段はあると思いますので、対応考えさせていただきます!



3台並べたところです。

この車両たち、スクールのほかにもMicroMaxクラスのレース用レンタル車両としても活躍してもらう予定です。

北海道のカートレースから子供たちのクラスがなくなって久しいのですが、何とかここから少しずつ子供たちを増やしていきたいと思っています。


自分の子供とレースをしたいな~って少しでも思えたら相談に乗ります(^^)

このMicroMAXクラスはお金をかけたもの勝ちではありませんのでご安心ください(^^)

最低限の道具でも子供の腕やメンタルの強さがあれば勝てます(^^)

もちろんお金はいくらかけてもOKですが、厳しいレギュレーションがありますので、道具の性能差は出にくいのですよ(^^)

ということで子供たちがカートを始めるには最高のクラスです(^^)



多くの子供たちに体験してもらいたいです!

地上すれすれの位置からの景色

風を切って走る気持ちよさ

ハンドルを切った方向にクイックにカートが反応する操作感

ある程度乗れるようになると、みんな限界を目指し始めます(^^)


レンタルカートを乗っている大人たちはヘルメットの中の顔はめっちゃ笑顔です!

遊びですから 笑


でも、レーシングカートに乗っている子供たちのヘルメットの中の顔は真剣そのものです、みんな0.1秒速く走るためにいろいろな挑戦をしています!

カートレースはスポーツです!

レースで2位の子はみな泣いて悔しがります(^^)

どのスポーツも同じですよね カートという道具は必要ですが、ルールとレギュレーションがあります。

野球やサッカーをしている子供たちと同じです。

カートレースとアルペンスキーは似ていると思います。

そんなに敷居高くないですよ♬

閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ルールは利用者や観覧者の安全を守るためにあると思います。 施設内で事故が起きないようにと決められていると思います。 しかし、アクシデントは起こります。 でも、普通アクシデントは、軽微なことですまされることのほうが多いと思います。 それは、アクシデントが起きることを 施設側が予想して対策をしているからだと思います。 ルールを守っていただけない利用者も少数ですがいらっしゃいます。 不注意の人もいれば、

マスコミ各社が報道しているので、知っている人も多いと思います。 で、ゴーカートって? それはどのような乗り物のことを言っているのでしょうかね? ゴーカート=遊園地や遊戯施設にあるアトラクションとしての乗り物 レンタルカート=専用の施設で乗るために作られた多少ぶつけても壊れにくい乗り物 スポーツカート=競技をすることを目的とした4ストエンジンを積んだ乗り物 レーシングカート=競技をすることを目的とし